【知識の質と解く力を高める!】上級コース専用教材「演習サブノート」とは?

今回は、資格の大原 社会保険労務士講座 上級コース専用教材「演習サブノート」をご紹介致します。

【上級演習サブノートとは?】
受験経験のアドバンテージを活かすために作られた上級コース専用の演習教材です。
豊富な問題演習により「知識の定着」を図ること、「弱点(伸びしろ)」を認識して頂き得点に繋げること、を目的としています。
また、学習当初から横断学習、選択難問対策に取り組むことができます。
※上級コースの教材に含まれておりますので、別途購入は不要です。

【教材の特徴】
①豊富なオリジナル問題を毎回解くことで、解く力をアップ!
・過去出題論点と周辺論点を、オリジナル問題として本試験形式で収載しています。
・毎回の講義(定例試験実施回を除く)において、五肢択一式を5問、選択式問題2問をご用意。
総計 択一式約900肢、選択式約70問!!
また、択一式の問題のうち説明が必要な箇所については図解等を用いた解説もつけています。
・法改正箇所も予想問題としてカバー。法改正対策に早期から着手できます。
サンプルはこちら↓

②早期から選択難問対策に取り組んで、選択式を攻略!
・直前期からではなく、早期から選択難問対策に取り組み、知識だけでなく解法テクニックを習得します。
・毎回の講義で解く選択式問題2問のうち、1問は「労働経済」の問題をご用意。早期から労働経済対策に取り組みます。
・知識ではなく、「文脈のヒントで解く問題」に対応するため、本教材の巻末に本試験問題から良問を厳選。解法テクニックもご紹介。
・最新の判例や出題可能性が高いと思われる法令も収載。

サンプルはこちら↓

③知識の整理力を鍛える「論点まとめ」で知識を横断整理!
・論点を横断的に整理した「論点まとめ」を収載。早期から横断学習に取り組めます。
〇×形式の問題では確認できない「知識の整理力」を確認することができます。
・問題形式になっているので、「知識の整理力」を鍛えることができます。

サンプルはこちら↓


是非、サンプルをご覧いただいて、演習サブノートに触れて頂ければと思います。

続きを読む